語学教育ソフト自動生成システム




自動生成システム用エディタ(トップページ)



今まで、教育ソフトをつくるという作業は、ある程度のコンピュータの知識をもった人たちが集まり一つ一つ手作りで行われることがほとんどでした。

このシステムは、ハイパーカード用のソフトを自動的に作ってくれる語学教材向きの自動生成システムです。コンピュータに詳しくない人でも簡単に教材をつくれるようにするのが、このシステムの目的のひとつです。教材の規模が大きければ大きいほど威力を発揮するはずです。



使い方は簡単!

ユーザー[教材作成者]は、簡単な決まりに従って文章や選択肢を打ち込み、標準のテキスト形式(Mac でいえば simple text)で保存しておきます。

そして、上の図のような<専用エディタ>のトップページを開いて、つくる教材のタイプを選択します。

つぎに、イメージエディタで教材画面のイメージを編集します。

イメージ編集を終わってトップページに戻ったら、最後に[Make Stack]ボタンを押して、3分待てば新しい教材の出来上がりです。(注意:早いときは1分くらいで完成、大きな教材ほど時間がかかります。)



開発者『織田真生』のページへ

電子計算機研究室の研究内容のページへ